便利〜京都言葉ミニ辞典

便利〜京都言葉ミニ辞典

便利〜京都言葉ミニ辞典検索

京都〜京都の旅〜文化・観光・街中情報いろいろ
  1200年の数々の歴史の舞台を、四季の変化が華
やかに美しく盛り立てる京都。世界に誇れる文化、古
き良きものを大切に受け継いで、しかも今日的。京都
の人の心にも、親しみを感じ、また憧れの京都の旅へ





 観光名所 ベストシーズン    開運とご利益 三大祭り   美味しいもん  宿(新都ホテル)   体験いろいろ


HOME

@<京都
観光名所コース紹介>

♪東寺(南区)周辺

♪清水寺
(東山区)周辺


♪東福寺
(東山区)周辺


♪銀閣寺
(左京区)周辺


♪鞍馬寺
(左京区)周辺


♪四条河原町周辺

♪嵐山(右京区)周辺

♪北野天満宮
(上京区)周辺


♪元離宮二条城
(中京区)周辺


♪金閣寺(北区)周辺

♪上賀茂神社
(北区)周辺


♪大原野神社
(西京区)周辺


♪伏見めぐり
・宇治めぐり


A<京都の
世界遺産>

♪京都世界遺産
(寺・社・院)


♪京都
世界遺産コース


B<京都観光
ベストシーズン>

♪桜の
ベストシーズンコース


♪紅葉の
ベストシーズンコース


♪名庭めぐりコース

C<京都の三大祭リ>

♪葵祭  

♪祇園祭  

♪時代祭


D京都の
開運・ご利益紹介

♪開運・ご利益コース

E<京都祇園で
ショッピング>

♪祇園でショッピング

F<京都で
いろいろ体験>

♪舞妓さん変身体験 

♪茶道体験


♪座禅体験   

♪人力車体験

G<京都の
美味しいもん店紹介>

♪京都の美味しいもん

H<京都の
カフェ&甘味処紹介>

♪カフェ&甘味処

I京都の
お土産店紹介

♪お土産店

J<京都の
旅館&ホテル紹介>

♪旅館&ホテル

K<京都の
イベントカレンダー>

♪春(3月〜5月)

♪夏(6月〜8月)

♪秋(9月〜11月)

♪冬(12月〜2月)

L<京都観光案内所>

♪京都総合観光案内所

♪京都バス・地下鉄
案内所


M<京都言葉
ミニ辞典>

♪京都言葉

N<神様にお願いする
ときの心得>

♪神様に
お願いするときの心得


O<京都の
お地蔵さん>

♪京都で
よく見かけるお地蔵さん


P<リンク集>

♪お役にたちリンク集1

♪お役にたちリンク集2

♪お役にたちリンク集3

Q<当サイト
について>

♪管理人プロフィール




 <京都の旅〜京言葉ミニ辞典検索>

              京都の旅〜京言葉ミニ辞典検索のページです。

 京言葉インディックス
  あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行・ら行・わをん
 
  濁音・半濁音:が・ぎ・ぐ・げ・ご・ざ・じ・ず・ぜ・ぞ・だ・で・ど・ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ

 京都の言葉について

 ○1拍語が2拍後相当に
 ・名:1拍語は語尾を引いて(名あ)
 ・木:1拍語は語尾を引いて(木い)
 ・手:1拍語は語尾を引いて(手え)
 ・絵:1拍語は語尾を引いて(絵え)とあたかも2拍語であるかのように発音される。
 *発音傾向は助詞がついたときにも、
(手ぇが痛い)(絵ぇを描く)などのように現れることがあるため、
  現代京都には純粋な1拍名詞がないというふうにも言えるようです。


 ○助詞省略:京ことばには、
「が」「は」「を」「と」「へ」などの助詞を省く傾向があります。
 ・助詞省略の例文(括弧内赤文字が省かれる助詞)
 ・誰か、買い物
(を)頼まれてくれへん?
 ・私
(が)行こか? 何(を)買うてくんの?
 ・ないこと
(は)ないけど、○○のほうが安いにゃわ
 ・そうかなー、ある
(と)思うけどなー
 ・時計の電池
(が)切れてなあ。ちょっと電器店(へ)行ってきてほしいんや
  日では文脈が曖昧にならない限り、日常会話においてこの手の助詞は省かれるのが
 原則と考えたほうが良いでしょう。



 ○指示代名詞:「こそあど」体系
 ・指示:近称
(これ) 中称(それ) 遠称(あれ)(かれ) 不定称(どれ)(だれ)
 ・場所:近称
(ここ) 中称(そこ) 遠称(あこ)(あそこ) 不定称(どこ)
 ・方向:近称
(こちら)(こっち)中称(そちら)(そっち)遠称(あちら)(あっち)
    
不定称(どちら)(どっち)
 ・形容:近称(この) 中称(その) 遠称(あの) 不定称(どの)
 ・様態:近称(こう)(こんな)(こない)中称(そう)(そんな)(そない)
    遠称
(ああ)(あんな)(あない)不定称(どう)(どんな)(どない)
 共通語と異なる特徴として、場所の遠称に(あこ)という表現があります。
 また中称(そ-)の系列には、語頭子音(s)(h)に転じた(そんな→ほんな)(それなら→ほれなら)
 という言い方もあります。(こない‐そない‐あない‐どない)の系列は大阪弁だとする考えも方もあります。

 
 ○人称代名詞(1人称・2人称・3人称)

 ・1人称
 ・通性用(わたくし)(わたし)
 ・男性用:(僕)(俺)(ワシ)*ワシは若年層でも使います。
 ・女性用:(あたし)(うち) *(あたし)の変化形(あて)がありますが特殊階級のみで用いられます。

 ・2人称
 (あなた)(あんた)(きみ)(おまえ)(きさま)(われ)(おのれ)(おんどれ)などがあります。
 この順で品格が下がります。(おまえ)は東京語ほどぞんざいな印象はありません。

 男性が同輩以下の親しい相手を呼ぶ場合は、たいていこれです。

 ・3人称
 ・(あの方)(あちら)(あの人)(あいつ)(彼:男性のみ)(彼女:女性のみ)などがあります。


 京都でも共通語同様に、名前がわかる人のことを話題で話をするときはその人の名前を直接呼ぶのが
 普通です。2人称・3人称代名詞の使用は避けられる傾向にあります。


Copiright(c)2015〜2020京都〜京都の旅〜文化・観光・街中情報いろいろ All Rights Reserved
[PR]