京都

京都旅行〜京都三大祭

京都〜人気の京都旅行におすすめところ
  
1200年の数々の歴史の舞台を、四季の変化が華やかに美しく盛り立てる京都。世界に誇れる文化、古き良きものを大切に受け継いで、しかも今日的。京都の人の心にも、親しみを感じまた憧れの京都の旅へと               
・人気のエリア
・桜と紅葉
開運とご利益
・京都三大祭り
・京都の料理
・京都の宿
・京都での体験
 ・京都17の世界文化遺産    ・知っておくと便利京旅の玄関口京都駅ビル ・京都市・宇治市の社・寺  
      
HOME

京都観光名所の
コース紹介


・東寺
(南区)周辺


・清水寺
(東山区)周辺


・東福寺
(東山区)周辺


・銀閣寺
(左京区)周辺


・鞍馬寺
(左京区)周辺


・四条河原町周辺

・嵐山
(右京区)周辺


・北野天満宮
(上京区)周辺


・元離宮二条城
(中京区)周辺


・金閣寺
(北区)周辺


・上賀茂神社
(北区)周辺


・大原野神社
(西京区)周辺


・伏見めぐり
・宇治めぐり


▼京都の
世界文化遺産


・京都17の
世界遺産(社・寺)


・京都
世界遺産コース


▼京都の
ベストシーズン


・桜の
ベストシーズンコース


・紅葉の
ベストシーズンコース


・名庭めぐりコース

▼京都の
三大祭り


・葵祭  

・祇園祭  

・時代祭


京都の
開運とご利益


・開運・ご利益コース

▼京都で
いろいろ体験


・舞妓さん変身体験 


・茶道体験


・座禅体験   

・人力車体験

京都の
美味しいもん


・京都の
美味しい料理店


・京都の
老舗料亭


・京町家飲食店紹介

・和食の基本マナー

▼京都の
カフェ&甘味処紹介


・カフェ&甘味処

▼京都の宿

・旅館とホテル

・京都の
特選旅館&ホテル


・京都駅から近い
ホテルと旅館


▼京都の
イベントカレンダー


・春(3月〜5月)

・夏(6月〜8月)

・秋(9月〜11月)

・冬(12月〜2月)

Lリンク集

・お役にたち
リンク集1


・お役にたち
リンク集2


・お役にたち
リンク集3


M当サイト
について

・管理人の
プロフィール


 

<京都旅行〜京都三大祭・時代祭>

    京都旅行〜京都三大祭「時代祭」のページです。
*内容が変更される場合がありますのでご利用の際は必ず事前にお確かめください。

 手際よく!〜散策・拝観ポイントを!〜京都の手引きの駅ビルで!
  
 ・京旅のあとにも〜さきにも便利です。京都駅ビルフロアガイド


時代祭は、平安京遷都1100年を記念して、1895年(明治28年)に始まった。時代ごとの装束で歴史絵巻を繰り広げる全長約2キロの時代列、維新勤王隊列を先頭に、正午に御所の建札門前をゆっくり出発。平安神宮までの約4.5キロの行程を進む、明治維新からの平安遷都まで、京都に都が置かれた約1100年の時代の華麗な、歴史装束で2000人の行列が都大路を練り歩く

京都御所→歴史装束で2,000人の行列平安神宮

・開催日:10月22日  ・開催場所:京都御所〜平安神宮 
・お問い合わせ:京都市観光協会TEL:075−752−0227
・見どころのポイント:それぞれの時代の本格派衣装が見もので歴史ファッションショーのよう。


時代祭有料観覧席について
・観覧料金 2000円(予定) 全席指定/パンフレット付き
・観覧席設置場所(3ヶ所)
 
@京都御苑・集合:11:30頃まで・出発:正午頃 A御池通・集合:12:20頃まで 
・通過:午後12:50時頃〜
 
B平安神宮通・集合:13:50頃まで ・到着:午後2時20分頃〜
・お問合せ先
:京都市観光協会
TEL:075−752−0227左京区の平安神宮向い:9時〜17時毎日

・入場時間
先頭通過予定時刻の30分前までにご入場下さい

 時代祭行列  ・行列の見学時間行列の先頭から最後まで約2時間ぐらい 
 時代祭行列
@明治維新→・名誉奉行他・維新勤皇隊列・維新志士列・七卿落 
A江戸時代→・徳川城使洛列・夫人列  
B
安土桃山時代→・豊公参朝列・織田公上洛列 
C
室町時代→・室町幕府執政列・室町洛中風俗列  
D
吉野時代→・楠公上洛列・中世婦人列 
E
鎌倉時代→・城南流鏑馬列  
F
藤原時代→・藤原公卿産朝列  
G
平安時代→・婦人列
H
延暦時代→
延暦武官行進列・延暦文官参朝列・神饌講社列・前列
         ・神行列・白川女献花列・弓箭組列
  
  @明治維新時代の行列→・名誉奉行他・維新勤皇隊列・維新志士列・七卿落
名誉奉行他 維新勤皇隊列 維新志士列 七卿落
  維新の祭、山国隊を組織して官軍に参加した時の行装を模したもの  明治維新の頃に活躍した重要人物がたくさん登場  江戸の幕末、薩摩藩、
会津藩の公武合体派に敗れて失脚した尊皇攘夷派の7人が追放されて長州藩に逃れた、この公卿を七卿落という
 
  A江戸時代→・徳川城洛列・夫人列  
 徳川城使洛列    夫人列 
 この行列は、一般の大名行列よりずっと豪華盛大で格式の高いものであったといいます。時代祭では先頭の槍持、傘持、挟箱持の掛声と動作で当時の行列を偲ばせます。 和宮、蓮月、吉野太夫、出雲阿国ほか。孝明天皇の皇妹・和宮が輿入前の宮廷女房装束・十二単姿で先頭を進みます。京のきれいどころ大集合です!
   
  B安土桃山時代→・豊公参朝列・織田公上洛列 
 豊公参朝列  織田公上洛列
豊公の参朝のうちで、慶長元年5月の豊臣秀頼の初参台や同2年9月の元服の時が最も盛んであたと伝えられ、この列はその様子を表したもの。 信長は当世具足の紺絲で小札をとじた胴丸に総覆輪筋兜、鎧の上には拝領の端袖大領蜀紅金襴の胴服という華麗な装い 
   
    C室町時代→・室町幕府執政列・室町洛中風俗列
 室町幕府執政列 室町洛中風俗列 
 足利将軍と補佐役等が参列 傘持ちを先頭に笛や鉦、音頭取り子役による太鼓打ち等の「中踊り」と、小袖姿で竹製のささらを持って踊る「側(がわ)踊り」の47人で構成されます。 
   
 D吉野時代・楠公上洛列・中世婦人列
 楠公上洛列  中世婦人列
楠木正成の紫裾濃の大鎧、籠手脛当、太刀、軍扇楠木正季は沢瀉威大鎧や膝鎧、銀蛭巻太刀侍大将は卯花威胴丸、直垂、空穂、空穂袋など、衣装一式を観るのも楽しみです。 大原女、桂女のほか、淀君、静御前など。豊太閤の側室・淀君の打掛や、静御前の白拍子時代の水干姿などが、ファッションチェックポイントです
   
 E鎌倉時代城南流鏑馬列  F藤原時代→藤原公卿産朝列
 城南流鏑馬列   藤原公卿産朝列 
射手武士は、綾藺笠の中央の巾子に髷を差し込んだ姿で、水干に奴袴を履き、綿の居籠手を左手に通しています。腰には鹿皮の行藤を巻き、物射履いています。背に箙を付けた射籠手を付けた射手装束姿で、童・弓袋差し等の郎党を従えています 列には宮中の儀式に参加する位の高い貴族の文官武官の夏の正装姿や警護をする随身、童等の様々なお供も加わってとても華やか。 
   
  G平安時代→・婦人列 
 婦人列      
小野小町、紀貫之の女(むすめ)、紫式部、清少納言、常盤御前、横笛、巴御前等。この300年は女性の服装が大きく変化しました。遣唐使の廃止頃から日本文化は国風化の道を辿ります。奈良時代の様式の百済王明信から常磐御前・横笛・巴御前といった歴史に名を残す女性を通して、時代風俗の変化を示した構成です。
    H延暦の時代→・延暦武官行進列・延暦文官参朝列・神饌講社列・前列・神行列
 ・白川女献花列・弓箭組列
 延暦武官行進列  延暦文官参朝列  神饌講社列  前列
東征を終えた坂上田村麻呂が平安京に凱旋する様子を表現しています主将や副将など身分に順じた衣装や武具は、正倉院御物や古墳の出土品等による考証がなされています。  延暦15年朝賀の儀式のため公卿諸臣が参朝する様子を再現したもの。平安遷都当初の藤原百川継縄、和気清麻呂らの文官を想定しています  時代祭当日の神饌物を奉献する人たち。京都料理組合がその役を担います。  御神幸列の直前を行くので前列といわれます。迦陵頻伽や胡蝶等の優美な衣装や楽人等の狩衣が見られます。 
 神行列  白川女献花列  弓箭組列  
前の御鳳輦(ごほうれん)が西本殿の孝明天皇、後の御鳳輦東本殿の桓武天皇時代祭の中で主たる意義を持つ列です。  花を頭に載せて売り歩く
白川女の列
餓記桓桓武天皇の平安
遷都のとき列の警護にあたり、維新に、山国隊とともに活躍した弓先の術にたけた弓箭組の様子
 
 
・行列の見学時間行列の先頭から最後まで約2時間ぐらい 

 

Copiright(c)2015〜2020京都〜京都の旅〜文化・観光・街中情報いろいろ All Rights Reserved
[PR]