京都

京都旅行〜京都名庭

京都〜人気の京都旅行におすすめところ
  
1200年の数々の歴史の舞台を、四季の変化が華やかに美しく盛り立てる京都。世界に誇れる文化、古き良きものを大切に受け継いで、しかも今日的。京都の人の心にも、親しみを感じまた憧れの京都の旅へと               
・人気のエリア
・桜と紅葉
開運とご利益
・京都三大祭り
・京都の料理
・京都の宿
・京都での体験
 ・京都17の世界文化遺産    ・知っておくと便利京旅の玄関口京都駅ビル ・京都市・宇治市の社・寺  
      
HOME

京都観光名所の
コース紹介


・東寺
(南区)周辺


・清水寺
(東山区)周辺


・東福寺
(東山区)周辺


・銀閣寺
(左京区)周辺


・鞍馬寺
(左京区)周辺


・四条河原町周辺

・嵐山
(右京区)周辺


・北野天満宮
(上京区)周辺


・元離宮二条城
(中京区)周辺


・金閣寺
(北区)周辺


・上賀茂神社
(北区)周辺


・大原野神社
(西京区)周辺


・伏見めぐり
・宇治めぐり


▼京都の
世界文化遺産


・京都17の
世界遺産(社・寺)


・京都
世界遺産コース


▼京都の
ベストシーズン


・桜の
ベストシーズンコース


・紅葉の
ベストシーズンコース


・名庭めぐりコース

▼京都の
三大祭り


・葵祭  

・祇園祭  

・時代祭


京都の
開運とご利益


・開運・ご利益コース

▼京都で
いろいろ体験


・舞妓さん変身体験 


・茶道体験


・座禅体験   

・人力車体験

京都の
美味しいもん


・京都の
美味しい料理店


・京都の
老舗料亭


・京町家飲食店紹介

・和食の基本マナー

▼京都の
カフェ&甘味処紹介


・カフェ&甘味処

▼京都の宿

・旅館とホテル

・京都の
特選旅館&ホテル


・京都駅から近い
ホテルと旅館


▼京都の
イベントカレンダー


・春(3月〜5月)

・夏(6月〜8月)

・秋(9月〜11月)

・冬(12月〜2月)

Lリンク集

・お役にたち
リンク集1


・お役にたち
リンク集2


・お役にたち
リンク集3


M当サイト
について

・管理人の
プロフィール


 

<京都旅行〜京都名庭宝泉院>

    京都旅行〜京都名庭宝泉院のページです。
*内容が変更される場合がありますのでご利用の際は必ず事前にお確かめください。

 手際よく!〜散策・拝観ポイントを!〜京都の手引きの駅ビルで!
  
 ・京旅のあとにも〜さきにも便利です。京都駅ビルフロアガイド

 「宝泉院(ほうせんいん)」
1)成り立ち:
宝泉院は、部屋から庭園を眺める額縁庭園で有名なお寺です。竹林からの陽に照らされた紅葉が美しい勝林院の塔頭。庭園には樹齢500年を越えている近江富士をかたどった天然記念物の
五葉松があり、蓬莱山とみた鶴亀庭園と客殿の西方を柱と柱の空間を額に見立てて鑑賞する盤桓園、
 書院廊下天井には伏見城遺構の血天井があります。
2)桜・紅葉の時期と見どころ他
 桜見ごろ時期:4月上旬〜4月中旬頃 ・紅葉見ごろ時期:11月中旬〜11月下旬頃 
 ・名庭 
3)所在地他:
 ・住所:京都市左京区大原勝林院町187 ・TEL:075-744−2409 
 ・参拝時間:午前9時から午後5時まで  
 ・拝観料:(茶菓付) 大人 800円 中・高 700円 小 600円
 ・アクセス:JR京都駅から京都バス「大原」下車、徒歩約15分。
 (京都バスは京阪電車の「出町柳」からものれます)
 ・休み:1月〜3月要問合せ ・駐車場:近隣の民営駐車場を利用(普通車300〜500円程度) 

 境内入口(16:45受付終了) 見学所要時間 30〜40分
拝観客は、盤桓園・五葉の松の見える座敷に通され、境内入口で渡されたお抹茶券と交換に一服の抹茶と茶菓子を供されます。柱と柱を額縁に見立てた「額縁庭園」盤桓園(ばんかんえん)で鑑賞


4)主な名所と散策、拝観ポイント

  額縁の庭園盤桓園(ばんかん
客殿の西方、柱と柱の空間を「額」に見たてて観賞。庭の名前は盤桓園(ばんかん(立ち去りがたい意)と称します。竹林の間より大原の里の風情を満喫できます。

  五葉の松
樹齢700年の五葉松、京都市内にある3つの著名な松の一つである。近江富士を型どっています。京都市の天然記念物である。70年ほど前に「高浜虚子」が無住寺の宝泉院を訪れ「大原や無住の寺の五葉の松」と穎詠んだ。
 囲炉裏の部屋
     
 鶴亀庭園
江戸中期作。部屋から格子ごしに観賞。池の形鶴、築山が亀、山茶花の古木を蓬菜山とみる名園。樹齢300年の沙羅双樹がたたずむ  
宝楽園
平成17年3月に宝泉院境内南側の低地に作庭。心の内なる広大な仏、神の世界を岩組、樹花、白砂などをもって美しく表しています。美しく宝の如く、そのままそこにある楽園の境を創作したもの 
 境内入口で渡されたお抹茶券と交換に一服の抹茶と茶菓子を供される 
 

 

Copiright(c)2015〜2020京都〜京都の旅〜文化・観光・街中情報いろいろ All Rights Reserved
[PR]